EVENT

リアル脱出ゲーム「びっくり謎工作室からの脱出」、2021/2/7まで開催決定!

2020.12.22

作り続ければ、答えは見つかる。

 

ゼロからすべてを作り出せ!
「材料」を組み上げ謎を解く、興奮のヒラメキ工作体験!

公式サイト:https://realdgame.jp/ajito/yokohama_himitsu/2019/11/bikkuri-kousaku.html

本イベント会場に入ると目にするのは、一面に並んだ「材料」と「工作道具」。

これらを使用しながら「工作」をして謎を解き、新たに物を作り出しながら60分以内に最後の答えにたどり着くことを目指します。
組み合わせる、つなぐ、貼るなどの直感的なアクションと謎解きを組みあわせることにより、まるで子供心を取り戻したかのように工作に夢中になれる点も魅力。

「目の前にある材料で工作し続ける」といった非常にシンプルでわかりやすいイベント内容となっているため、常連の方はもちろん、謎解きに慣れていない方でもお楽しみいただけます。

=====================================

リアル脱出ゲーム『びっくり謎工作室からの脱出

■ストーリー

この話がいつのことなのか。
昨日なのか今日なのか。それともうーーんと昔なのか未来なのか。

とにかくあなたは気が付いたら、不思議な工作室にいました。
見たこともないような道具や、よくわからない材料ばかり並んでいます。
「さてみなさーーん!謎が解きたいですかーーー!!??」どこかで聞いたことのあるような声が響きます!

現れたのはびっくり一家の次男坊である、工作室長クラフト・ツクランカさんです。
ツクランカさんは、工作の世界では知らぬものはいない、とんでもない有名人です。
あの、大工作時代を作り上げた、工作世界の偉人です。
「みなさんにはまたもやエキサイティングで大興奮、クリエイティブで創造的なミステリー謎解きにチャレンジ挑戦していただきまーーす!」
バイリンガル感を強調しすぎな工作室長の言葉を聴きながら、あなたは何もない部屋を呆然と眺めます。
その部屋には謎を解くためのパズルも、暗号も何もないのです。
あるのはただ、使い方のわからない道具と、奇妙な材料だけ。

「くっくっく!困った顔してますねーーー!この部屋の謎は、あなたによって作られまーーす!
作り続けないと最後の答えにはたどり着かないのでーーーす!
作って作って作り続けちゃってくださーーいませーーーー!!!!」

どうやらこの愉快な工作室の謎を解かないと、あなたは外の世界に戻れないようです。
しかたがない。あなたはため息交じりに謎を解き始めます。

しかしあなたはその時まだ知らなかったのです。
その謎が隠していた恐るべきあのびっくりを・・・。

■開催日時

2020年11月27日(金)〜2021年2月7日(日)

月水金 13:00 / 16:00 / 19:00
火木 19:00
土 祝前日 11:00 / 14:00 / 16:30 / 19:30
日祝 11:00 / 14:00 / 17:00

※12月28日(月)〜12月31日(木)は13:00/16:00公演のみの開催となります。
※1月1日(金祝)〜1月3日(日)は休演となります。
※1月16日(土)は11:00/14:00公演のみの開催となります。

■料金

【平日料金】
<前売券>
・一般チケット:3,400円(税込)
・一般プレミアムチケット:7,900円(税込)
・学生チケット:3,100円(税込)
・学生プレミアムチケット:7,600円(税込)
・一般グループチケット:13,200円(税込)
・一般グループプレミアムチケット:31,200円(税込)
・学生グループチケット:12,000円(税込)
・学生グループプレミアムチケット:30,000円(税込)

<当日券>
・一般チケット:3,900円(税込)
・学生チケット:3,600円(税込)

【土日祝日&ハイシーズン料金】
<前売券>
・一般チケット:3,600円(税込)
・一般プレミアムチケット:8,100円(税込)
・学生チケット:3,300円(税込)
・学生プレミアムチケット:7,800円(税込)
・一般グループチケット:14,000円(税込)
・一般グループプレミアムチケット:32,000円(税込)
・学生グループチケット:12,800円(税込)
・学生グループプレミアムチケット:30,800円(税込)

<当日券>
・一般チケット:4,100円(税込)
・学生チケット:3,800円(税込)

※ハイシーズンは、GW、年末年始、夏季休暇などを含む大型連休期間を想定しています。チケット購入時に金額をご確認の上、購入をお願いいたします。

チケット購入は公式サイトから!

前の記事
一覧へ戻る
次の記事